合宿免許の際に持参すべき物

合宿免許の際に持参すべき物

短期間で自動車免許を取得することができる合宿免許ですが、観光プランなどと組み合わせているものもあります。
この場合、旅行気分で教習所に通うことができますが、必然的に郊外の教習所での講習となるため、セットとなっている宿泊施設から教習所へ通うことになります。
遠方の地での合宿免許ともなると、忘れ物があった場合には非常に困ることになるため、必要な物は事前にしっかりと確認する必要があります。

入校時に必要なものとして、入学金や教習代金、あるいはクレジットカードなど、支払い方法に応じて準備しておきます。

住民票や身分証明書など、身分証明用の書類も持参します。

住民票は本籍が記載されており、3ヶ月以内に発行されたものが有効です。身分証明書には、住基カードあるいはパスポートなどが使用できます。

既に運転免許証を所有している場合は必ず持参し、印鑑も必要となります。



普段から眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、それらも必要です。
普通免許の場合、入校前の視力検査で片眼0.3、両眼で0.7に満たない場合は入校できないため、視力の低下が気になっている場合には、事前に眼科へ通院し視力検査をしておいた方が無難です。



合宿免許中の学科講習や実技講習に使用する教本は、入校時に購入するため必要ありませんが、筆記用具やノート類は毎時間使用することになるため必須です。


服装は動きやすい服であれば問題ありませんが、数時間にわたって運転することもあるため、ハイヒールやサンダルなどは控えます。



そのほか、数週間は宿泊施設で生活することになるため、着替えや洗面用具類、充電器など、生活用品も持参する必要があります。

Copyright (C) 2015 合宿免許の際に持参すべき物 All Rights Reserved.